平岡監督初勝利おめでとう、モフさんありがとう、そして理想と現実と。

2020シーズン

モフさん契約解除になってしまってから中2日、平岡新監督でのホーム神戸戦を見たあとで書いてます。勝利が全てを掻き消してしまうというのもなんですが、やっぱり勝ちというものはいいものですね。美味しいお酒が飲めます。

今日の神戸戦、立ち上がりからの印象、守備時の立ち位置やプレッシャーのタイミングの連動、裏を速くついていく攻撃という意識づけされてるのかなという感じで、明らかにテコ入れされたなという印象を受けました。

試合後の監督インタビューで、守備のところは手を打ったという話だったので、ここは監督交代の成果が出たというところなんでしょう。攻撃までは手を付けられてないという内容だったので、攻撃に関しては選手の意識か守備が改善されたことが良い方向に影響したのかもしれませんね。

なにはともあれ、モフさん解任で動揺していた身としては勝ちが見れてまぁほっとしたというか楽しくなってきました。平岡監督おめでとうございます。サポーターはこれ見たら期待しちゃいますよ、きっと。

そしてモフさん、契約解除されてしまいましたが、ありがとうと言いたいのが率直な気持ちかな。契約解除に至るには外からわからないものがあるのでしょうしね、きっと。ハリルホジッチみたいな感じじゃないといいですが。

今の清水には、チアゴマルチンスのようなスピードも強さもあるDFはいないし、攻撃陣に中川のようなスピードスターもいない、怪我人も多かった。そんな現実の中で、理想と現実の間で折り合いをつけなきゃいけない面もあったんでしょうが、なかなか難しい作業だったんですかね。清水にはシティグループのような後ろ盾もなく限界もあったのかもしれない。それはそれで寂しいけど。ヨンソンさんのときもこんな感じだったような気がするなぁ。

ただ、今季はエスパルスというクラブが、攻撃的で面白いサッカーを目指すという意思表示をしたシーズンでもあるし、モフさんはその象徴となっていたと思います。で、実際シーズン当初は、ハイラインでポゼッションしながらサイドバックも攻撃参加してヌルヌルゴール前まで行くような面白いシーンも見せてくれましたしね。

これってサポーターからしたら、すごく大きなことだと思います。とにかくコスパだけ求めて、内容は置いといて残留だけ目指すようなクラブにはしないということだから。

そういう意味では、クラブの現実を知り尽くしている新監督だと思いますんで、現実路線で結果を求めるだけじゃなく、モフさんを象徴的に感じていた期待にも答えてほしいなぁと思います。というか、クラブは攻撃的なサッカーを目指すという方向性は変えて欲しくないなと思います。

清水らしい攻撃サッカーの構築にへのチャレンジは続けてほしいもんです。日本代表の日本人らしいサッカーみたいな難しいチャレンジなんだとは思いますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました