ロティーナセレッソに勝って2連勝って本当に逆襲始まったのかな

2020シーズン

セレッソに勝ちましたね。平岡監督に変わって、神戸とセレッソ相手に2連勝。daznのプレビュー番組で、清水の逆襲が取り上げられてたけど、本当に逆襲始まったのかという流れです。

ヘナトのゴールは、あれスーパープレイだよね。浮き玉でポンポンと繋いでキーパー外してオーバーヘッドって、最近のJリーグであんまり見た記憶ない感じのプレー。

やっぱエウソン、ヴァウド、カルリーニョス、ヘナトのブラジル人選手達はクオリティ高いと思いますよ。

慶太も技術あるところ見せてくれたしね。勝ち越しゴール素晴らしかったね。

監督の選手交代の采配もあたったね。ボジション変更も適切だったと思います。

神戸、セレッソ相手に守備をよくやって勝った感じだと思うけど、次もコンサドーレだからボール持てるチームですね。どんな試合になるかなあ。

セレッソ相手だったんで自分達がボール保持して試合をコントロールするという感じにはなってなかったと思うけど、それが狙いなのか、そういう展開に持ち込めなくても勝てる底力的なものが付いてきたのか、その変気になる。

次の試合の解説が戸田さんとか岩政さんだったら、わかりやすく解説してくれるんかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました