初勝ち点|2020シーズン第6節 清水vsサガン鳥栖

第6節 清水vsサガン鳥栖 (7/22 アウェー)
結果 1-1 引き分け

感想

一応今季初勝ち点1を取得したものの、内容的には一番おもしろみに欠ける試合だった気がします。
ポゼッションもうまくいかないし、守備も前からはまらず、というかはめにはいかずという感じでしょうか。

後ろで取ってもなかなか前にスムーズに運べず横パスが増えるという印象でこれまでの
ビルドアップのおもしろさみたいなところはなかったかな。

この試合は左に西澤、右にカルリーニョスということで、この二人だと縦への迫力はでるかなという印象ですか。
まぁこの日程でアウェー佐賀、雨も降る。コンディション的にキツかったのかもしれませんね。

毎試合メンバーが変わるような状況なので、だれが出てもスムーズに動けるようになるのは時間が必要なのかもしれません。
勝ち点1取れて御の字という試合だったかな。

おまけ

サガン鳥栖は昨シーズンの降格争いが印象的、
お互い危ない中最終節での直接対決でしたからね。

なんとか両者残留という結果でしたが、
今シーズンのこれまでを見る限り両者とも苦しい戦いになってます。

この試合を見る限りは鳥栖の方がチームとしてはできているように見えましたが、
ゴールを取る部分での崩しや決定力に苦しんでいる感じでしょうか。

かたや清水はチームを作り直してますが勝ちパターンが見えない状況。
今季は降格ないということはありますが、また下位争いにならないように抜け出したいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました