まだ実らず|2020シーズン第3節 清水vsセレッソ大阪

第3節 清水vsセレッソ大阪 (7/8 アウェー)
結果 0-2 敗戦

感想

産みの苦しみということなのか、勝ちがみれず残念。

この暑いなかで前節から中3日、このスケジュールは大変そうですね。
メンバーを半分近く変えたのかな。

今年の清水はクラモフスキー監督になってボール回しがおもしろい。
後ろからつないで前線までいくところの人の動きとボールの動きは今年やりたいことが
表現できているように見えます。

昨シーズンは最終ラインからドウグラスへのロングボールが多かったことを考えると変わったもんだなと思います。

あとは、攻撃時の最後のラインの崩しのところなのかなぁ。
最後のところが、まだスムーズにいってない感じがします。

それに、前節の名古屋戦もそうでしたが、最終ラインからのビルドアップのところは
相手チームに狙われますね。そこをうまくかいくぐらないといけないですが
引っかかる場面がけっこうあったかな。

攻撃的なチームなのに得点がなかったし決定的な場面があまり作れなかったのは物足りなさが残ります。
次回からは観客入るんですよね。熱狂するシーンがみたいもんです。

おまけ

セレッソ と言えばセレ女ですか。

清水も公式が主導して”パル女”になったのだったかな。

浸透してるのかな”パル女”。

みんな、清水の公式twitterやInstagramをチェックしてみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました