清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。

エスパルス公式アプリとかtwitterとかInstagramとかYoutubeとか

Jリーグ中断中でメインコンテンツの公式試合がないというファンには寂しい状況です。

こんなときなんでスポーツチームもオンラインを活用した収益化とか検討したらいいのにねと思ったりします。

エスパルスは最近オンライン活用に向けて動き出した印象で、 SNSの公式での情報発信が増えたり公式アプリをリリースしたりしてますね。

エスパルスのオンライン公式コンテンツってこんな感じかな。

・公式ホームページ
・公式twitterアカウント(フォロワー11.9万人)
・公式Instagramアカウント(フォロワー3.3万人)
・公式Youtubeチャンネル(チャンネル登録者1.06万人)
・公式アプリ

エスパルスの後援会員数が18,480人ということを考えるとYoutubeのチャネル登録者数は少ないですね。

Youtubeをみても広告ないみたいなので収益化してるのは公式アプリの有料会員月額500円(後援会員400円)だけなのかな。

最近の那須さんとか水内さんとか福西さんとかのYoutube活動みてると、Youtubeでの情報発信って収益化にもなりそうだしおもしろそうだけど どうなんでしょうね。 コメント欄でのサポーターとのコミュニケーションとかもおもしろそうですけどね。荒れるのかな。

公式アプリを含めて今のところ双方向のメディアというより、一方向の情報発信って感じかな。

twitterとinstagramとYoutubeとの棲み分けを整理して、サポーター、スポンサー、地域を公式アプリを使って繋ぐメディア機能みたいのを強化できれば、おもしろそうな気もします。 完全素人考えですけどね。

静岡市の人口が70万人くらいで、もしtwitterのフォロワーが全員静岡市民だったらけっこうな割合にリーチできるけど、そんなこともないか。 関東在住サポも多そうですしね。でもそれはそれで他県サポ向けになんかできそう県内インバウンド施策とか。今はそんな状況じゃないけど。

エスパルスアプリで決済対応する予定というニュースがあったような気がするので、その辺も今後の展開をいろいろ考えているのかもしれませんね。

サッカーどころで、古くからの強いサッカーコミュニティがオフラインには存在すると考えると(ほんとのところはどうなんかわかりませんけど) オンライン化できたら他の地域より強いかもしれないなぁなんて思ったり。