社長が交代でフロントは一新という感じですね

社長交代が発表されましたね。左伴社長から山室社長へ交代するということ。
山室社長は元プロ野球ロッテの社長ということで、
野球界からサッカー界へ社長を招聘するような新しいことをやる会社になっているところに会社自体の変化を感じます。
この変化の礎を築いてきたのが左伴社長体制というところでしょうか。

左伴社長体制、J2降格など、サッカーの成績面ではいろいろと難しい状況もありましたが、
低迷する静岡サッカーの現状の中、きちんと「清水はJ1のトップレベルを目指す」という意思を示してくれたので嬉しかったですね。
売上拡大、サポーターとのコミュニケーション改善、ブランディングとか色々やってくれて、
サポーターに愛された社長だったと思うので残念な気持ちは正直あります。

これで、社長、GM、監督と体制が刷新されての新シーズンということになりますか。
選手の動向はまだこれから動きがありまそうですが、
攻撃的で魅力あるサッカーでトップレベルを目指すというところは継続されるのかと思います。
代表クラスのCB、DMFあたりにきて欲しいところですね。難しいかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました