清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

エンターテイメント Jリーグ|2019第26節vs名古屋グランパス

9月13日、清水エスパルスvs名古屋グランパス

スタジアムはオレンジ一色。 ハーフタイムはシーモ登場。 金J、楽しそう。

試合のほうも、エンターテイメント。 最後の10分ドキドキもの。 大久保ファインセーブ。

先制されて、同点、逆転、追加点。 おしゃれヒールで一点差。 最後守りきり勝利。

内容のほうは、両チームまだ良いところも悪いところもある感じ。 内容はともかく、順位ひっくり返せる試合での勝利、勝点3ゲットは大きい。

西澤2得点、グランパスとの相性がいいのか、自信を持ってプレーしているようで、頼もしさがでてた。ドウグラス以外の選手の得点は喜ばしい。 北川に変わる得点源として、これからも結果出してほしいところ。

それにしても、下位チームの勝点拮抗してるなぁ。 次節も残留争い相手の湘南戦。 大事なゲームが続く。

Jリーグもスタジアム体験自体のエンターテイメント化が進んでいるんですね。 平日金曜日に1万5千集めるんだからたいしたもんだ。 ベースボールシャツ配ったり、SNS使ったプロモーションなんかも成功したんでしょうか。

スタジアムに集まること自体が楽しくなってくると、コアなサッカーファンでなくても楽しめていいですね。

日本平は、サッカースタジアムとしては、すごく良い誇れるスタジアムですが、エンターテイメント施設としては立地とスタジアム周りのスペースが少ないのが物足りないかもしれないですね。

せっかく集客したお客さんを誘導できる施設もすぐ近くにはないので勿体無いとも感じます。 清水の活性化を考えると、清水区の繁華街のど真ん中とかにスタジアムあれば、面白そうです。 本当にサッカーの街。 現実は難しいんでしょうけど。

この試合、解説は水沼さん。「古い人間はサッカー王国といえば清水でしたからね」みたいなことを言ってました。確かに、今では、サッカー王国清水なんて時代は知らないひとが多いかもしれません。

街作りの中にサッカーがある街なんてものをやったら、本当にサッカー文化を誇れる街になりそうな気もします。

あと、水沼さんの「エウシーニョはいい人」って解説が、なんかほっこりしました。