清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

もっとガツガツ行くところが見たかったな|2019第25節vs鹿島アントラーズ

9月1日、清水エスパルスvs鹿島アントラーズ

0−4完敗。 結果も結果だし、内容含めて面白くない試合でしたね。

清水はあいかわらずドウグラス以外の攻撃陣が決める雰囲気がない。
前節同様に吉本のラインコントロールを破られての失点。
前節と違い、そこから間延びする守備。
トランジションでの判断遅くて、持たされるとアイデアも技術もない感じ。
西村主審のジャッジも不安定。
鹿島のサッカーは強いのか知らんけど、なぜか面白みがない。
特に、今日の鹿島は知らない選手ばっかり。

鹿島と戦うと守備陣の当たりの違いをすごく感じます。
全員が間合いの詰め方がうまいしファールギリギリというか、むしろファールそのものでがつんと当たれる。
今日みたいにファールとらないジャッジだときついですな。
元清水のワンちゃんもあれだけ激しくできるようになるんだから、なんとかできる話なんだと思うのだけどね。
相手がそんな感じなんだから、もっとファール気味にガツガツいくところも見たいですけどね。

また、得失点差が広がったなぁ。ダントツのマイナス。
とにかく残留。前半戦惨敗した相手との3連戦シリーズは結局2試合惨敗。
川崎相手に勝ち点1取れたということで、前半戦からの成長はあまり感じられませんでしたが、 なんとか勝ち点1取ったということで、最悪の3連敗とはならなかったことで溜飲を下げるしかないか。