清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

大敗の流れを断ち切る勝ち点1|2019第24節vs川崎フロンターレ

8月24日、清水エスパルスvs川崎フロンターレ

アウェー川崎フロンターレ戦です。 今期のJ1前半でボコボコにされたチームとの3連戦シリーズ、と勝手に私の中でどきどきしているシリーズの第2戦です。 前節が0−8の大敗、前回のフロンターレの試合がヨンソン監督の解任決定になった試合ということで、どきどきが止まらない対戦でしたが、なんとか踏ん張って2-2引き分け、勝点1獲得となりました。

この試合、DAZNの解説者は元エスパルスの戸田和幸さんということで、現役時代の風貌からは想像できなかった冷静沈着な解説をしてくれますが、そんなロジカル解説を聞きながらの観戦でした。 フロンターレ相手に、一方的にやられる展開だと見るのもしんどいかなと思いましたが、均衡した試合で勝ちの可能性もあった流れだったので、熱い試合になったかなと思います。

毎度の感じもしてきますが、立ち上がりでの攻撃は、いいところを見せてくれます。松原が決定機をひとつ迎えますが決められず。逆にフロンターレのレアンドロダミアンに先制点を奪われるという、いやぁな流れから始まりました。

 

ただ、この試合は、シンプルにうちのストロングポイントであるドウグラスを使う放り込みや、サイドの深い位置のスペースを早めに使おうという意図が見えていたかなと思います。竹内の縦パスの判断が早かったように見えました。

そんな中、ドウグラスが難しい状況で縦パスを抑えて、フリーキックをもらうと、そのフリーキックを直接決めて、同点に。いやぁ、この同点弾は大きかったかなと思いました。戸田さん曰く、キーパーのミスっぽい感じでしたが、前節のようなバランス崩して取りに行って大量失点の流れが消えたかなと。

まぁこの試合は、そうならないように守備は締めるように徹底されていた感じはしましたが。下手にサイドハーフからバランス崩して取りに行かなくても、きちんと締めたところで、奪えば、うちにはドウグラスもいるわけですし、そんなに焦らなくても良いということなのかもしれませんね。

戸田さん解説もサイドハーフのところでの守備の対応はまだ改善の余地ありという感じでしたね。反対に、フロンターレのほうはフロンターレらしさが出きってないという解説でした。うちの守りもヘナトという強者がいますし、全体のラインもそれなりにミドルゾーンでコンパクトに維持できていたとはいえ、大島、家永の不在や、守田があんまり調子よくないのか、多少圧力は弱かったのかもしれません。ヘナトのインターセプトからのカウンターで、そのままヘナトがゴールして勝ち越し。これもフロンターレのミス絡み。これは、、いけるのでは、、ワクワクドキドキ。

ところが、小林悠。途中出場からのファーストタッチで同点ゴール。自力を見せつけられた感じですか。清水は5バックにして、最終ラインで守り切ろうというところでしたから、あのシュート、流石としか言いようがないかなという感じですか。

すでに5バックにして引いてしまった流れのなか、そのまま同点を守り切ることには成功し、引き分け、勝点分け合って終了となりました。欲を言えば勝ちたかったですが、大敗後の試合なので、まぁよく立て直したというところでしょう。

篠田監督のインタビューでも、先週はなかなかにしんどい精神状態だったぽいですもんね。素直にお疲れ様でしたと言いたいところです。

それにしても戸田解説、いつも思いますがいいですね。チーム状況や試合状況を具体的に解説してくれるので、すごく見やすいです。いまや日本でベストの解説者といっても過言ではないのではないでしょうか。エスパルスOBであることを微塵も感じさせてくれないのは若干寂しいところではありますが、またエスパルス戦の解説にあたると嬉しいなぁと思います。