清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

そして連敗、、|2019第20節vsFC東京

7月20日 清水エスパルスvsFC東京戦

ホームにFC東京を向かえた一戦。いやぁ、結果的には大森選手の先制点で試合が決まってしまったですか。立ち上がりから先制されるまで、エスパルスが主導権を握って進んでいた試合、最初のチャンスだと思いますが、そこのワンチャンスをキッチリ決めるFC東京のクオリティ。そのたった1点の失点で、エスパルスは消極的になってしまったように見えました。

そのままFC東京に試合コントロールされて終了という印象でした。先制点取られた後に、それまでのペースを継続できなかったのが、精神的にも負けた感じで残念でした。ガンバに負け、東京に負けということで、前半戦の嫌な感じが蘇るなぁ。

東京は元清水の監督である健太監督、清水は元FC東京監督の篠田監督という、元監督同士対決でもあったわけです。清水時代はタイトル取れなかった健太監督ですが、もうタイトルを知る名将って感じで、貫禄感じますね。選手時代は、ドリブルからの豪快なシュートのイメージで守備のイメージなんか全然ありませんでしたけど、監督になったらブロック作って固い守備組織を構築するのが意外な感じです。今の清水なんて2バックでイケイケみたいなサッカーですから、現役時代のイメージからすると監督逆なんじゃないのかしらという。

FC東京は、久保選手がいなくなりましたけど、組織がしっかりしてるんでそんなに崩れそうな感じはしなかったですね。今日、うちが爆発して連敗食らわせられてたら違ったんでしょうが、うちが連敗くらってますから。派手なプレーは減ったんで面白い感じはなかったですけど、みんなうまいしディエゴ・オリヴェイラと永井の2トップは脅威だしなぁ。今の清水はトップ5を目指すというよりボトム5を抜け出すことを目標にした方が良い状態ですから、どうせなら健太監督に新たな勲章掴んでほしいかな。ここから中断期間で篠田監督どうするんだろうか、試合後のインタビューだとなんか変化を加えそうな雰囲気もありましたが、是非立て直しを頼みます。お願いだぁかぁらぁぁぁぁ。

ところで、今日はなんかユニフォームが違うなぁと思ったら、清水港開港120周年記念の限定ユニだったんですね。この限定ユニフォームの方がなんか強そうというか、エスパルスっぽい感じで好きです。それにしても清水港ってそんなに歴史がある港だったんですね。知らんかった。”清水港の擬人化ご当地キャラクター”とかいうのもいるじゃないか。なんかよくわからないけど120周年パワーでここから立て直るといいですね。