清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

ビジャすごっ、けど完勝かも|2019第18節vsヴィッセル神戸

2019年7月6日ホーム、清水エスパルスvsヴィッセル神戸

2019J1リーグも後半戦の始まり。うまくいかなかった前半戦を終え、さぁ、後半戦はどうなんだよ、エスパルス。一体これからどんな試合を見せてくれるんだい、エスパルス

前節は、引退発表したトーレスにやられました。今節は、イニエスタ、ビジャのいるヴィッセル。神戸は監督変わってどうなのか、昨シーズンは荒れた展開になりましたが、今節はどうなのか。

エスパルスは金子のところに河合を入れた布陣でスタート。ヴィッセルは、イニエスタを少し下げたところに、トップ下気味にウェリントンという形かな。ヴィッセルが、後ろから回しながらポゼッションして隙を伺うのに対して、網を張って、奪ったところから縦への早い攻めを狙うエスパルスという構図になったかな。

ヴィッセルは、縦中央ラインに、ストロングな外国籍選手、ダンクレー、イニエスタウェリントン、ビジャを並べて、彼らの力をシンプルに使うようになったと感じました。特に、ウェリントンをうまく使うようになった印象。前線の高さだけではなくて、つなぎのところでも、彼の強さをうまく使っているなぁと。前線での高さ、強さはあいかわず。ウェリントン、ビジャの2トップはすげー怖いコンビですね。

しかーし、エスパルスも、ドウグラス、北川という強烈2トップがいるのです。1点目のシーンなんか、圧巻でしょう。自陣で奪ったところからのドウグラスの縦への突破。ボールに触れた回数はそんな多くないのに、相手とのポジションの駆け引きが光る大きなドリブルで、3人攻略、北川のフィニッシュをお膳立て。すごいとしかいいようがない。北川もドウグラスが持った時の反応素晴らしい。信頼関係があるんでしょうね。ここに来るでしょという場所にいち早くポジショニングして余裕のフィニッシュでゴールを仕上げた。素敵すぎますね。

エスパルスは、ディフェンスでも、前線から食いつきすぎずに、相手との距離感が空きすぎないように注意して守っているように感じました。イニエスタにもそんなに食いつかない。食いつけないのかもしれないけど。上手すぎて。イニエスタにビジャ、上手すぎたー。やっぱすごいわー。ボールの置き所、ボール扱い、動かし方、球離れ、パススピード、まぁ判断早いし。見とれちゃいますな。Jでこんなプレー見れるの普通に楽しいです。三木谷さん、ありがとう。

そしてビジャの得点。隙があればディフェンダーの間に入ってくるあたり流石。ボールの出しどころへのプレッシャーがかからなかったのが残念でしたが、ビジャのボールを受けてからの持ち出し、ダブルタッチでそのままゴールって。すげっ。うまっ。ゴール前のテクニック凄いすね。溜め息でるゴール。

こんなプレーされたら、必要以上に警戒してズルズル行きそうな感じがよぎりましたが、この後も落ち着いて試合を運べてたような気がします。悪い時のようなバタバタした感じにはならずに試合を進めたあと、最近のパターンの4-1-4-1に変化して、自分たちからもう一回ギアあげていく流れ。勝ち点3を取るためのストーリーをチームで持てている感じに成長してきているように感じました。

そんな中で、飛び道具。二見のロングスロー、久しぶりに見たような気がしますけど、すげー質の高いセンタリングでしたね。神戸は、あれを手で投げられて虚をつかれたんでしょうね。ただ、ドウグラスはしっかりポイントに入って打点の高いヘディング。決勝点、7試合連続ゴールでチーム新記録も達成。ドウグラスすげぇ。よっしゃ。

その後、六平入れて、金子入れて、最後立田入れて逃げ切って、結果は2−1で勝ち切りでした。篠田監督采配バッチリって感じの試合でした。監督的には、打ち手が全部効いて勝ったんで、完勝だったんじゃないのか、これは。見てるほうは、これだけ見所あって勝ち試合。楽しい試合だ。

エスパルスは、ドウグラスのコンディンションが復活、エウシーニョが相当フィットしてきて攻撃活性化、ヘナトもフィットしてきてバランスと守備強度上がっている。だんだん開幕前に期待していたチームに近づいてきているかな。今のところ二見が頑張っていますけど、守備陣のコマが若干足りないかな。今のこのメンバーで、けが人やカード累積が出ないうちに勝ち点稼いでいきたい、というところまで来た気がします。後半戦は巻き返しを期待しちゃいますよね。