清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

連勝|2019第16節vs名古屋グランパス

6月22日、清水エスパルスvs名古屋グランパス

アウェー名古屋グランパス戦です。2−1またも西澤ロスタイム弾で劇的2連勝。篠田監督になって、初の連勝じゃい、西澤いいですねー。

グランパスといえば、そういえばその昔、パルちゃんとグランパスくんが一緒に本出してましたね。パルちゃんとグランパスくんのほん、だったかな。隣県のオリジナル10チーム、磐田も含めてプレシーズンに東海チャンピオンシップなんてのもやってました。なんか瑞穂スタジアムでの試合って、昔ながらのJリーグって感じが蘇るんだよなぁ。

名古屋は、風間監督で、ジョーやら、ガブリエル・シャビエルやら、タレント揃いのチーム、どんなサッカーするのかと楽しみにしてましたが、この試合は元気がない感じだったんでしょうか。試合後の風間監督インタビュー、監督の怒りが溢れ出てましたよね。なんか狙いのある動きがあんまりなかったような。ランゲラック選手が一番印象に残ったですもんね。前田選手のゴールは、さすがって感じではありましたが。

篠田監督に変わってからの清水、特にアウェーだと、守備の集中が高い感じがしますね。また、途中から4−1−4−1に変えてのサイドを使ったカウンターが冴えてます。というわけで、この試合は、両者の出来を見ると、勝つべくして勝った試合でしょう。篠田監督も、追加点きっちりとって2−0で勝てた試合だった、というようなインタビューでしたしね。ドウグラスは連続得点中でさすがといったところですが、金子、北川にはチャンス決めて欲しかったなぁ。あと決めるだけっていうチャンスがありましたからね。二人の得点が今シーズンはまだ物足りない。

やっと、最下位から、降格圏内を抜けたところまで来たエスパルス。ここから上がっていくしかないでしょう。次の試合も楽しみですね。