清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

4度目の正直|2019第15節vs横浜Fマリノス

6月15日、清水エスパルスvs横浜Fマリノス

ホーム横浜Fマリノス戦です。西澤の試合後のヒーローインタビュー、サイコーーーっ、と叫んでましたが、まさにその通りの大興奮な試合展開で3−2逆転勝利、よかったぁ。

エジカルジュニオに先制された前半、後半はコーナーキックで松原が決めて同点に追いつくも、仲川にディフェンスの背後突かれて2点目献上、再度ビハインドの展開。ここで残り10分くらいだったかな。2点目取られたのは痛かったですが、結果的には、このプレーの流れでマルコスジュニオールが退場になったことが試合の流れを変えました。

ドウグラスの同点弾が生まれます。そして冒頭の西澤、この試合後半から登場した西澤。決定機がそこまでに3回はあったのじゃないかな、あ〜、、、、にっしっざっわ〜〜、、、、ニシッ、、などの叫びが繰り返されていた我が家に歓喜を届けてくれた4度目の正直、試合のボルテージは最高潮に。

決定機を外しても、最後まで心折れずに勝負し続け、最後の最後は決めきって逆転勝利に導いてくれた姿に感動、ありがとう西澤、初ゴールおめでとう西澤。く〜、逆転勝利、気持ちいい。

2週間ぶりのJリーグ。Jリーグのある週末はやっぱりいいですね。試合前の両監督のインタービュー聴きながら、予想フォーメーションをみながら助走して、本編をドキドキしながら見る感じ。エスパルスはドキドキする時間帯が多過ぎるっちゃあ多過ぎる。

それにしても、横浜Fマリノスのサッカー面白かったです。選手が流動的に動いてパスがポンポン回るし、相手の隙間にスッと入ったところに、スパッと縦パスが出て、前線の選手間の距離感も良いですし、スイッチ入れてからゴールまでが非常にきれい。サイドバックがボランチの位置に出てきたり、いろんな選手が神出鬼没な感じで顔出すけど、チームとしてスムーズに動いていて無駄がないし、判断が早い。比較すると清水は、まだノッキングする感じ。エジカル、マルコス、仲川、遠藤の前線のキャラクターもなんか良かったです。みんなうまいし、顔なのか佇まいなのか雰囲気ありました。好調なのも伺えるなぁと。前半だけ見ると、やりたいようにやられた感じでしたね、強いなと思いました。

篠田体制になって、試合中での対応が良くなってきているのでしょうね。後半になったら形もいじってだいぶ盛り返してました。その中での数的優位で逆転までなんで、ちゃんとその時々で打ち手を打っているのが結果に結びついているのでしょう。ヘナトの復帰も大きい、復帰早々一番走っていたし、局面での踏ん張りが効く選手だなと改めて感じました。これで、このまま西澤がブレイクしてくれると、さらに戦力アップでワクワクです。篠田さんになってまだ負けてないですね、すごいなぁ。このまま駆け上がってほしいです。