清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

とにかくほしい勝ち点3|2019第13節vsベガルタ仙台

5月25日、清水エスパルスvsベガルタ仙台。

勝った。。こういうゲームでも勝った。。今シーズン、どっちに転ぶかわからないような局面でことごとく運に見放されていたチームが、こういう勝ち方をした。。よかった。。なんかほっとした。。このシーソーゲーム、逆に負けてたら、新体制のこのタイミングで、精神的にきつかったよきっと、サポーターが。

以上、終了。という気分ですが、以降少しだけ。

ホームにベガルタ仙台を迎えた第13節。エスパルスは、前節からの篠田監督体制で、前節引き分け、ミッドウィークのルヴァンカップ磐田戦勝利と持ち直したかに見えますが、最下位で迎える下位同士の戦い。まぁ負けたくない試合。

もうこの試合、とにかく勝ったという結果が全てじゃないでしょうか。4−3のシーソーゲーム。開始早々からセットプレーで失点、一度ひっくり返すも、カウンターから失点、前半のうちに勝ち越し、後半また追いつかれる。終了近づく時間帯に再度勝ち越しゴール、そこからは全員で守り抜いての勝利。内容的には、正直負けてても何ら不思議に思わなかったかもしれない。暑かったのもあると思いますが、お互い下位に沈んでいるだけに、守備には難ありだし、ミスも多い。双方チャンスを作る中で、決定力の見せつけあいのような試合になってしまったという印象。

もうドウグラス、彼のコンディションが回復してくれたこと、それに尽きるでしょう。今日は、攻撃に守備に、一人であれだけの存在感。大事なところで決めてくれた。もちろん、金子や航也のアシストも良かったし、篠田監督も選手起用の仕方など、ヨンソン監督の時から変えているところで良くなっているところもある。けど、セットプレーやカウンターでやられているところは、今季のデジャヴ。内容だけ見たら、監督変えても変わらないじゃないかと言われそうな内容だった。ケガ人抱えて、これだけ守備のメンツが苦しいチーム。まだまだ、そんな短期では変わらないでしょう。今日の試合は、苦しい状況も攻撃陣が救ってくれたと思う。

この結果で、監督交代というチームの決断に対して、サポーターは一旦、同じ方向で応援していこうという気持ちになれたんじゃないかなと思います。そういう意味で、このタイミングでの勝利はほんとありがたいものだと思います。次節から、もう少し安定した戦い方ができるのかどうか、見ていきたいですね。

最後に、今日の試合は長沢駿選手との再開となった試合でもありました。仙台も苦しい中で、今日ゴールという結果を残していました。(なんか、恩返しされがちと思っているのは私だけしょうか。。)チームは、まだまだ一緒に順位争いしそうですが、仙台でも頑張ってほしいところです。そういえば、平岡選手は、今日出てなかったですね。残念でしたね。