清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

篠田体制にて再スタート|2019第12節vs大分トリニータ

5月18日、清水エスパルスvs大分トリニータ。

第12節、アウェー大分戦。ヨンソン監督退任後、篠田監督初戦です。さぁ、いったいどんな変化を見せてくれるのか。良い方向への変化を見たい、見せてくれるでしょ、いいところ見せてくれるよね篠田さん。頼んますよほんと。

大分といえば、我らがレジェンド長谷川健太体制でナビスコカップ決勝まで行った時、決勝で立ちはだかってくれた記憶が今でも頭から離れない。その後はJ3まで落ちる、すげー落差の激しいジェットコースターを経験しているチーム。今思うとあれが大分のピークで、健太体制初タイトル阻止しているのだよなぁ。あのナビスコ決勝の試合、国立競技場見に行って、肩を落として帰ったのよ。その身からすると、大分にそんなに落ちぶれて欲しくなかったですよ。

とはいえ、今年J1に帰ってきて、しかも好調ということで、大分のみなさま良かったですね。大分は魚や肉やいろいろと高級食材の獲れる良いところですね。大分の良いところアピールは機会があれば別途してみたいと思いますが、今回はしません。悪しからず。

話は戻って、エスパルスとしては大事なリスタートの試合、結果は1−1のドロー、まぁ悪くない結果だったのではないでしょうか。冒頭、エスパの変化を見たいぜぃと書きましたけど、見始めたら、大分の戦い方ばかり見てしまった。。特に前半。。

エスパルスは、篠田監督に代わりましたが、まぁ去年から一緒にやってきた人なわけで、これまでの資産をうまく使ってくれそうな感じかなという印象でした。ペドロヴィッチの後の森保、風間の後の鬼木、古いとこだとアルディレスの後のペリマン、のようにうまくタイトルまで行ってくれればいいのに、行っちゃえばいいのに。私としては今年はジェットコースターのような一年を左伴社長が演出してくれていると思っていますので、監督退任からのミラクル逆転タイトルということで、これからよろしくお願いしたいと思います。タイトルとか言いたいだけなんだよぅ。言うだけだから許しておくれよぅ。

この試合は、エウシーニョが出場停止ということもあったと思いますが、最終ラインは立田サイドバックにしてディフェンダーを多く並べる形、全体のオーガナイズとしては、まずは守備のラインをきちんと整えた状態を保つことを優先したのかなという印象。今日の試合だけだと、やってることは前とそんなに変わってないような気がします。メンバーを守備寄りな編成にして、リスクを冒すプレーを自重したという感じでしょうか。イケイケドンドンのヨンソンサッカーから、ちょっと大人でビターな篠田サッカーって感じかな。篠田さん、イケメンだしなぁ。

まぁこの状況でアウェーだからイケイケにもなりづらいかとは思います。そういう戦い方で普通に相手よりシュート数上回っているし、普通に勝つチャンスありましたから、まずはベースになる戦いができたと、前向きに考えたいところですね。オプションとしても、4−2−3−1の3のサイドで飯田とかエウソン使うっていうのもバリエーションとしてはおもしろそうかなとも思いました。トップ下金子とかでやったら意外と面白いかもしれないですよね。というわけで、次節に期待します。ラジャー。

試合後のスタッツ見ると大分が圧倒的にポゼッションしたような数字になってると思います。試合見てない人からしたら、ずっと中盤回され続ける中でショートカウンターを狙う展開を想像されますよね。そんで、それがはまってシュート数上回ったのかなってさ。ところがだ、ずっと回され続けてたのは、中盤じゃなかったですよ。

大分のサッカー、ボール保持したら、基本ずっと後ろの深い位置でボール回しているのさ、それがまぁ深いんだ。後ろの3人にボランチ2枚もエスパルスのフォワードのラインより後ろにいたから5枚でしょ、それにキーパーもつなぎに参加しに上がってくるんで6枚でドウグラス1枚に対してボール回している感じ、と言えば伝わるんでしょうか。そんで、サイドは両サイド端っこまで広がってて、後ろで回しながら清水の2列目以降が食いついてきたらサイドからスルスルいくっていう感じかな。

ポゼッション重視のリアクションサッカーとでも言いますか。後ろでとにかくひたすら回して時間を使う、前からプレッシャーに来られたらサイドに散らしてから縦に行くっていう感じ。結構斬新じゃないですかね、これ。清水が慎重だから後ろで回す時間が長くなっただけかもしれませんが。この戦いかた2周目の後半戦でも通用するのかしら。大分がちょっと今後の成績が気になるチームの一つになってしまいました。