清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

ヨンソン監督退任|2019第11節vs川崎フロンターレ

5月12日、清水エスパルスvs川崎フロンターレ。

ホームに川崎フロンターレをむかえて第11節。んー、今シーズンの負けパターンそのまんまという感じで0−4で大量失点負けでした。川崎には勝てないかと思っていたら普通に負けたなぁという。セットプレーで失点、押し込む時間帯に点が取れずに逆にカウンター食らって失点。これが前半。後半、前がかりに行こうとして更に失点という。

憲剛、家長といった主力のいないフロンターレ、それでもうちの守備陣、抑えきれず。組織的に良い時間帯を特に前半は作れるけど、90分の中で発生する危ない局面がまぁ抑えられない感じですか。攻撃の方は、サイドの攻略の仕方が改善されてきたようだし、ドグのコンディションも上がってきて徐々に良くなってきているかなとは思う。だけんども、守備がねぇ。セットプレーやカウンターに脆いですねぇ。ワンプレーで失点して試合の流れが苦しくなるからねぇ。

攻撃力ある相手の場合、守備的なメンバーでいったほうが良いかもしれないなぁとも思う。いうても昨シーズンは右サイドバックは立田で守備的、高さもあった。シラも、守備に関して運動量含めて相当貢献できる選手だったし。今シーズン、新しいメンバーのところは各ポジションの守備力がそれぞれ下がったまま、高さも足りないのでセットプレーもきついっていう感じに見えちゃうんだよな。

ヨンソン監督は、相手に合わせてメンバーいじったりということはあんまりしない監督なのかなと思いますが、サッカーは相手ありきで進んでいきますからね。この試合の途中でやった4−3−3も意図がさっぱりわからなかったしなぁ。せめてテストしてた3−5−2でギャップを作りにいくとかならわかるが、準備なくやってみた感じにしか見えなかったのよね。中盤のプレスが全くはまらない状況を自分らで作った感じだったものね。こう振り返るとチームの成熟度が低いという感想になっちゃいますね。まずは残留争いをどう抜け出すかかな。


なんて感想を書いてたら、、ヨンソン監督退任のお知らせが公式から出てるじゃないか。。個人的にはショック。。

編成の問題もあるし、全てが監督ということでもないと思いますが、今年は運がなかった面もあったのかなぁという風に思います。まずは、ヨンソン監督おつかれさまでした。クラブはこれまでのJ2降格の経験などから早めの決断をしたのだと思います。ヨンソン監督の功績が正しく評価されるためには、これまでのチーム作りをうまく活かして、この決断からチームが良い結果を出すことだと思います。サポーターとして、私はこれからもチームを応援したいと思います。