清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

令和のJ1初戦|2019第10節vs鹿島アントラーズ

5月3日、第10節、アウェーにて清水エスパルスvs鹿島アントラーズ。

0-3敗戦。んー、、完敗かな。。開始早々の中村のFKが入っていたように見えたのでツキが無い面もありましたが、4-4-2同士で中盤の1vs1でことごとく負けてる感じだと厳しいですよね。前節からの変化があまり感じられなかったかな。鹿島の寄せの速さや、横幅をうまく使ったボール回しでやりたいことをやらせてもらえなかったのかもしれないが。

まずは、残留意識をしないとダメぽい状況まで来たですか。今日の感じ、2トップくらいしかストロングがなくないか。2トップが絡む機会を如何に増やすかがテーマなのか。守備重視のメンバー構成でカウンターにかけるようなサッカーを徹底するとかかなぁ。中盤勝てねーなーってなったら、やり方切り替えるくらいはしてほしいけどね。中途半端に同じやり方やり続けて同じような形から複数失点する感じが、また再現して来たような。現有戦力での限界が見えてきたのかしら。。強いチームに負けるのは割り切って、勝てる試合の時に悪い状態にならないようにはしてほしいですね。次節も川崎、負けて当たり前くらいの心持ちで見ないと見れないそうだな。。

というわけで今日の試合だけ見ると、格上の戦力に見えたアントラーズ。最近は、Jリーグの他チームからいい選手を獲得しているよね!そんな格上チームへの戦力供給源となっているのが我がエスパルス。今日の試合なんて見てごらんよ!手塩にかけて育てたシラとワンちゃん、Jにフィットしたなぁの翌年に移籍していった伊藤翔と、エスパルスを踏み台にしていった選手が3名も先発していたぞ!しかもちゃんと活躍していたよ!すごいね!エスパルスの育成力!

はい、自虐ネタでした。。(涙)

他クラブへのステップアップだけが売りのチームにならないでほしいぞぅぅ。。(叫)