清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

平成最終戦|2019第9節vs浦和レッズ

4月28日、清水エスパルスvs浦和レッズ。第9節はGW最初のゲーム。ホームに浦和レッズを迎えて、平成最後の試合となりました。結果は残念。。平成最後のゲームを勝利で飾ることはできず、0−2敗戦です。前節までの連勝を伸ばせず、悔しいですね。内容的にはせめて引き分けたかったかなという感想。なかなか、順位が上がってこない苦しい状況、勝ち点がほしかった。

オリヴェイラ監督の試合後のインタビュー、”今年のJリーグは拮抗したゲームが多い、戦術的なゲームが多く難しいリーグになっている”、というようなことを言っていたように思います。このゲームも、お互いの戦術の駆け引きの中で、ミドルゾーンでのプレーが多くなった印象でした。スペースがない中でのプレーの精度や、切り替えのところでの空いたスペースをつく判断の精度など、より高い精度が求められる中で、エスパルスは一歩足りなかったというところなんでしょう。

それにしても、オリヴェイラって面白いかどうかは別として手堅い感じがすごいですね。エスパルスにはないカラーだよな。。これまでのレッズのカラーでもないか。。後ろ重心のフォーメーションでいても、チャンスの時はあれだけ人入ってきてきっちり決めるしなぁ。興梠も常に狙っているし素晴らしい選手ですね。この試合では、ちょっと航也は差を見せられた感じになっちゃったかな。チームとしては、3バック横のスペースの狙い方とか、サイドの深い位置の取り方とか、いまいち整理しきれてないのかなぁ。なんかサイドがうまく使えずに詰まる印象が。ハーフスペースの使い方は判断早いと思うが、相手5バックだとそこは詰まるし。細かいところを詰めた上で相手の出方で臨機応変に変えられないと難しいリーグになって来たってところなんでしょうか。メンバーがケガで色々変わっていたりするなかで、ほんとチーム力試されますね。次でどういう変化があるかを楽しみにしよう。

平成という時代が終わります。Jリーグは平成に開幕しました。エスパルスもレッズも開幕からJリーグを支えて来ました。今では、オリジナル10と呼ばれます。両チームとも、勝てない時期や降格などの苦しい歴史があります。ただ、レッズはそう言った苦しい時期を経て、リーグ優勝、ACL優勝という輝かしい結果を残している。正直羨ましい。エスパルスも令和の何年かには、リーグ優勝、してほしい。そのためには、理念を貫き経営規模を拡大していかなければいけないでしょう。日本では最もサッカーの歴史を持っている土地柄だし、人財などそのための資源はあるチームだと思っている。もっと、勝つために、チーム強化のために、日本初の取り組みをしてほしいですね。もともとは、日本サッカーの世界で、日本初の育成システムや海外留学生等、勝つために卑怯と言われそうなことでも、新しいことをやっていた土地柄なんですからね。