清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

トリプルカウンターアタック|2019第8節vsセレッソ大阪

第8節はホームに戻って、相手はセレッソ大阪。試合前には、石毛の長期離脱という悲しいニュースもあったけど、前節静岡ダービーからの勝利をつなげる形で、ウノゼロの今期ホーム初勝利となりました。いいね。

お互いのスタイルをぶつけ合う中、一瞬のスキをモノにしたエスパルス。お互い決め切れずに引き分けもありそうかなと思っていたら、高速カウンターで先制。後半失点の多いチームだけに守り切れるかドキドキも、終盤5バックで守り切る。それにしても、六反からエウソンへのパスの流れ、凄かった。蹴った瞬間、一瞬時間が止まったような。そこがあったか!って感じで。ジンヒョンはなんであんなとこにいたんだろう。エウソンの独走防いで、航也のシュートも難しい体制にしてるし、紙一重の判断だったのかな。最近のサッカーはキーパー見るのもおもしろい。なにはともあれ、勝ったのでまたニヤニヤしながら生活できますよ。

これからも、こういうゲームをコンスタントに勝ちにつなげていければ、と期待せずにはおられない。きっと六反もゲームの流れみて狙ってたんだろうし、そういうプレーが増えればね。

セレッソは、うしろでギャップ作ってポゼッションしながらサイド深くをつくような狙いだったのだろうか。スムーズにボール回ってるようにみえたので、やりたい方向性は表現できてたのかな。エスパルスは昨年みたいに3バックに適当につっかけて縦パスがんがん入れられるみたいなことは減ったですかね。試合中にも修正入っていたようにみえたし。

セレッソは、個人的には、一緒にJ2からJ1へ復帰したことで、なんか親近感を持つようになったチーム。清武、柿谷、ソウザ、エスパルスから羽ばたいていったトシなど面白い選手がいますしね。でも、なんか、日本平での試合だと元気がないような印象あるんですよね。トシのプレーももっとみたかった気もします。ミラーゲームでガチガチって感じの対戦のイメージないカードなので、アウェーのセレッソ戦ではちょっと派手なゲームも期待しちゃいます。次はお互い、いい順位で当たれるといいなぁ。