清水エスパルス感想ブログ

清水エスパルスの試合をいつもDAZN(ダゾーン)で観戦しています。楽しい試合も悔しい試合でもブログに感想を書いてみたいと思いました。

静岡ダービーだよ|2019第7節vsジュビロ磐田

内容は良いというようなネット記事を見かけたりもしますが、開幕から6戦勝ちなしのエスパルス。むかえた第7節、静岡ダービー。 そこは静岡ダービー、ダービーに内容なんて関係ないのだ。これまで勝ちなしとかも頭から消える。とにかく勝つことが重要なのだ。なんでも良いから勝ってくれお願い!という思いでいつもみてますよダービーは。それはさかのぼること、Jリーグの開幕から仕組まれた因縁、云々、、は置いときますか。

開幕から、いつまでやっとんじゃいというテスト期間を経て、ようやく今期の布陣の方向性が見えてきたと思われるエスパルス(今期はポゼッションしたいのかね、ディテールの詰めはまだまだなのかな)。 立田が成長すれば失点減って勝ち点積み上がる、さぁ、これからこれから、という感じで向かえた今節だったんでしょうか。これでダービー負けたら心の安定が、、という状態でむかえてますけどね、こっちは。 ヴァンデルソンが、うまく機能しなかったのが誤算だったのかな(これからフィットするよね、きっと。。)。でもヘナトがフィットしてきたよね、ね。エウソンのコンディションも上がってきたよね、ね。 とはいえ個人的には、ユース出身選手のポテンシャル期待で起用してくれる監督、大好きです。

というわけでかどんなわけでか、今節のエスパルス、だいたいはコンパクトな4−4−2の布陣でボールを支配しながら、前半に1点、後半早めの時間帯に追加点を奪うという、今期にはなかった勝ち試合の流れを作り、宿敵ジュビロ磐田”さん”(北川選手風)に1点返されながらも終盤守備を固めて逃げ切るというサッカー(5バックなのかあれは。カテナチオ的な発想なのかな)で静岡ダービー勝利!!今期初勝利を飾りました!!やったね。

先制点がテセ、追加点が北川ですよ。静岡ダービーでいつも感情剥き出しで奮闘してくれる二人が先発2トップ、しかも揃い踏みで得点しての勝利。試合終了後の立田の感情溢れかえる様子も感動的でした。いやぁダービーってやっぱり盛り上がりますね。いいですね。ダービー勝っとけば、次のダービーまでは、うまくいかないときがあっても「でもダービー勝ったもんね」ということで心の平穏が保てるのさ。(変かな。。変かもね。。)

ライバルがいるから面白い。北川が言っていた。「ジュビロ磐田”さん”とうちがJ1にいることができているからトップカテゴリで白熱した試合が見せられるのだ」というようなことを(ちょっと違うかも)。相手チームながら、試合後のインタビューで悔しさを抑えきれない感じを見せてくれる名波監督も、素敵です。そういうところ好きです。

エスパルスはこの勝利をキッカケに浮上できるのか、次節も楽しみになってきました。ただ、ドウグラスは心配だ。前節も今節も全く動けてなかったと思う。無理しないでコンディション上げてほしい。